成績が伸びなければ御月謝はいたたきませんという塾


成績が伸びなければ御月謝はいたたきませんという塾
今はサラリーマンをしていますが、学生時代はベンチャー企業という言葉が流行り、私も様々な夢を見て、実際にいくつかの企画を持っていました。そもそも学生時代は、家庭教師と塾講師をしていたので、自然と思いつくのは勉強を教える業界に関したものでした。ファックスを利用した通信添削塾や、成績が伸びなければ御月謝はいたたきませんという塾、家庭教師派遣業のようなものも考えましたが、やはり最初から才能がなかったのか、実現に至るものはありませんでした。ベンチャーで成功した知人たちは、学業も優秀な人たちばかりでしたから、学業がいまいちで就職も期待できないからと、逃げるような気持ちでベンチャー企業を目指したって、成功するわけないのは今になってわかるのですが。

受験勉強法 - 受験ブログ村

そんないきさつがあるので、我が子の進路を考える時の塾選びにも、ついつい余計な思い入れを挟んでしまいがちです。自分の時は大人気だった塾が今では二番手になってしまっていたり、昔は怪しげな新興塾だと思っていたのに、今では情報誌なども発売し、データーの信憑性に定評があったりと、進学塾の栄枯盛衰は興味深いものがあります。



学歴社会が続く限り、進学塾というものはなくならないと思うのですが、今では私立高校などで、塾講師を招いて受験対策の講座を開講するところもあるようです。勉強を教える学校すら塾に頼る世の中ということでしょうか。テレビのバラエティ番組でも有名塾講師がもてはやされ、書籍なども発売しています。

日経読みこなしサポートプログラム|日経達人塾!

少子化が進み、子どもにかける教育費が増えている昨今では、一般企業のサラリーマンより、塾や予備校などに就職しておいた方が、良かったかもしれないと思わずにいられません。