東京よりも東北のほうが発電量が多いってホント?


東京よりも東北のほうが発電量が多いってホント?
太陽光発電を導入するに当たって、それに適した地域や環境といったものはあるのでしょうか。ご存知の通り太陽光発電は太陽の光による発電システムですので、日照時間に大きく左右されます。他にも降雪の有無、気温が高いことによる発電効率の低下などもあります。雨や台風が多い地域も、晴れの日が減るということになるので不利になるでしょう。

太陽光発電システム|京セラ

こういった点を踏まえると、日本列島も各地域によって多少の差が出てきます。厳密に言うと国内での地域差は、それほど大きなものではありませんが、例えば関東地方(主に東京)よりも東北地方のほうが、太陽光発電による発電量が若干多くなりやすいのも事実です。

その理由として、東北地方は東京に比べて気温が低く、モジュール温度が上がりづらいため、発電効率が低下しないというものがあります。東北地方はその分降雪がありますが、雪は太陽の光で溶けますしそれほど大きな問題にはなりません。冬は東京でも日照時間が短くなるので、大した差が出ないのです。逆に日照時間の長い夏に、気温が比較的低い東北が有利ということになります。

太陽光発電システム|ホームエネルギー|JX日鉱日石エネルギー

他にも、背の高いビルや建物の多さも関係があるでしょう。東京は他の建物によって日光を遮られ、発電量に影響を及ぼすことが多いです。逆に東北は低層住宅が多く、都市部でない限りビルに日光が遮られることもほぼありません。

仙台 太陽光発電

とはいえ、実際に太陽光発電システムの普及率などを総合して考えると、今現在の年間発電量は東京の方が上です。この先東北地方に太陽光発電が更に普及すれば、また違った結果になってくるかもしれませんね。