日本における刺青の印象


日本における刺青の印象
私には、背中一面に鯉の刺青を入れている友人がいます。個人的には、体に彫り物をしている人でも中身が素晴らしい方を何人も知っているので、嫌悪感などはまったくありません。
ですが、その友人曰くは、「日本における刺青の印象は、社会的にすごく良くない」というのが現状の模様です。

刺青(タトゥー)切除 縫縮・植皮術 一期法 日本橋形成外科 - YouTube

例えば、それが顕著に表れるのが「温泉」です。よく温泉入り口や受付に、「体に刺青のある方は、どのような理由でも入浴をお断りします」と、張り紙がしてあるのを見かけることができます。温泉としては、公序良俗に反するということで一律で弾いているのだとは理解できますが、冒頭の友人に言わせると「心が狭い!」ということになる模様です。

入れ墨・tattoo(タトゥー)のレーザー治療 | みやた形成外科・皮ふクリニック

私も気になったので、日本の刺青に対するイメージを、インターネットで検索してみました。すると、やはりというか、案の定というか、「一般人では無い人が、体に刺青を入れている」というイメージがとても強いことが分かってきました。

刺青除去 仙台

もちろん、体に彫り物をしている人でも、とても素晴らしい人がいますが、それ以上に、刺青を体に入れている中で、素晴らしくない人の人口がものすごく多いのが現状です。
このあたりの状況が変われば、日本でも刺青に抵抗感はなくなっていくのかなぁと思っている私なのです。